節約ウォーキングダイエット > 知っておきたいダイエット > 肥満は人間だけ?



肥満は人間だけ?


 



   RSS2.0

野生の動物って、必要な時に必要な量だけを食べるか
肉食動物なんかの場合には、ハンターに成功した時に食べ貯めをしておいて、失敗した時には、空腹のまま食べ貯めしておいたエネルギー量(カロリー)を消費して行くそうです。

でも、人間はというと、お腹のすき具合にはあまり関係なく
習慣としてほとんどの人が、一日に必ず三食を摂取しています。
この人間にとっては当たり前の習慣が、必要以上に物を食べているという事になるんだそうです。
だから、この世に存在する動物の中でも、必要以上に太ってしまうというのは、人間だけの固有のものなんだそうです。

しかし、最近ではペットにも、人間固有の食習慣をさせている場合が多くって、特に屋内で飼うようなペットは、過剰摂取の食習慣プラス運動量の不足というダブルパンチで、人間同様、肥満化が進んでいるようです。
わんチャンや猫チャンの糖尿病もあるんだとか!
人間と仲の良いパートナーとは言え、人間のエゴによる犠牲者かも知れませんね。
ちょっと、笑えない事実です。

けれど、一日に必ず三食食べる習慣がすっかり身に付いてるのに
それじゃ、わたしはどうすればいいの?
関西弁で言えば『どう せーっちゅーねん!』

その答えは、やはり人間は一日に三食をしっかりと食べる習慣を続けて行かないと、逆に病気を誘発したり、新陳代謝の低下や心肺機能の低下につながるようです。
だからこそ、一食あたりの量や内容に気を付けて、しっかりとカロリー計算をして管理して行く習慣を身に付けて行く必要があるんですね。




[ 節約ウォーキングダイエット | ページTOP ]




節約ウォーキングダイエットTOP

知っておきたいダイエット

BMI値ってなに?

標準体重と美容体重

体脂肪率と隠れ肥満

基礎代謝量の計算方法

肥満は人間だけ?

女性の身体の周期

食事療法

運動療法

速筋と遅筋、ミトコンドリア