×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



節約ウォーキングダイエット > 知っておきたいウォーキング > ウォーキングアイテム2



ウォーキングアイテム2


 



   RSS2.0

■ウォーキングシューズ

今回はウォーキングシューズです。
ウォーキングシューズはネット通販などでも販売されていますが、わたし個人としてはウォーキングシューズだけは、実際に自分の足に合わせて購入される事をお勧めします。
合わないシューズでウォーキングしていると予想以上に足への負担がかかり、まともなウォーキングができません。

それともうひとつ、最近はいろんなメーカーがウォーキングシューズを銘打って、ウォーキング専用のシューズを販売していますが、無理にウォーキング専用シューズを購入する必要はないと思います。
だって、他のシューズを履いたからと言って歩けないわけじゃないですから(笑)

では、そのウォーキングシューズの選び方を簡単にご紹介して行きます。


最近ウォーキング用に買ったシューズです。

by maako♪



@ウォーキングシューズ購入の時間帯
ウォーキングシューズに限らず、どのシューズでも朝やお昼に合わすのではなくて、足が膨張してくる夕方に選ぶ方が失敗しないとよく言われています。
ウォーキング用のシューズももちろん、夕方近くに実際に自分の足に合わせてフィットするものを購入しましょう。


Aウォーキングシューズの種類
各メーカーで販売されているウォーキング専用シューズがベターなのかも知れませんが、必ずしもウォーキングシューズにこだわる必要はないと思います。
ただ、紐で締め具合を調整できて、軽くて通気性の良いスポーツシューズが良いと思います。


Bウォーキングシューズのメーカー
安物のメーカー名も良くわからないシューズは、やはり耐久性に乏しいようです。わたしの経験では、約3ヶ月程度で履き潰してしまったシューズもあります。
安物買いの銭失いにならないよう、しっかりとしたメーカーの物を選ぶようにしましょう。
ナイキやアディダス、プーマなどのスポーツメーカーの物なら問題ないと思います。


Cウォーキングシューズのフィット感
ウォーキングシューズは他のシューズと違って、少し余裕のある物を選びます。
具体的には、
 かかと部分をしっかりと付けてつま先に少し余裕のある物。
 かかとや土踏まずがしっかりとサポートされている物。
 足幅や甲の部分にきゅうくつな圧迫感を感じない物。


Dウォーキングシューズの靴底
靴底は滑りにくい素材の物でクッション性が高い物、厚めの靴底の方が足が疲れにくくて良いと思います。




[ 節約ウォーキングダイエット | ページTOP ]




節約ウォーキングダイエットTOP

知っておきたいウォーキング

ウォーキングを始めよう

ウォーキングの注意点1

ウォーキングの注意点2

ウォーキングは有酸素運動

ウォーミングアップ・クーリングダウン

ウォーキングの基本姿勢

直したい歩行の癖

心拍数と運動強度1

心拍数と運動強度2

ウォーキングアイテム1

ウォーキングアイテム2