×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



節約ウォーキングダイエット > 知っておきたいウォーキング > ウォーキングの基本姿勢



ウォーキングの基本姿勢


 



   RSS2.0

ウォーキングの姿勢については、最初から基本に忠実に、正しい姿勢で始めるに越した事はありません。
でも、今までずっと運動不足だった方は、いきなり正しい姿勢を意識し過ぎると、ウォーキングといえども結構キツイかも知れません。

わたしも始めのうちは基本なんてそっちのけで、とにかく歩くという行動を起こす事から始めました。
そして、歩く事に慣れて来た頃に、だんだんと基本姿勢を意識しながら歩く事を心がけました。すると、基本姿勢を意識する事によって、比較的自然と、正しい姿勢で歩けるようになってきました。
頭で考えるよりも、身体の方が自然と覚えてくれるのかも知れません。

基本的な歩行の姿勢については

@背筋を伸ばして上体をまっすぐに保つ。

A目線を前方遠く(10〜15m先)に置き、頭を上げて顎を引く。

B胸を張り下腹部を軽く引く。

という立位の姿勢から、歩行の姿勢に移ります。

@上体
立位の姿勢を維持し、やや前方方向に傾けます。

A脚
つま先はやや外側に向くかたちで、自然に振り出され前方に移動してかかとから着地します。
後ろ足は地面から離れた瞬間に力を抜き、一歩一歩に無駄な力が入らないように自然なかたちで歩きます。

B膝
足が地面に着地する直前に、膝が軽く伸びている状態を保ちます。

C足裏
着地はかかとから着き、その後足裏全体、最後につま先で蹴るように地面から離れます。

D腕
力を抜いて脚の動きに合わせて、肩関節で大きく、肘関節で小さくふります。

一度、自分の歩行の一連の動作を行なってみてください。
たったこれだけの歩行姿勢、動作ですが、いつも基本に忠実で正しい姿勢で歩くのは、結構難しいものです。




[ 節約ウォーキングダイエット | ページTOP ]




節約ウォーキングダイエットTOP

知っておきたいウォーキング

ウォーキングを始めよう

ウォーキングの注意点1

ウォーキングの注意点2

ウォーキングは有酸素運動

ウォーミングアップ・クーリングダウン

ウォーキングの基本姿勢

直したい歩行の癖

心拍数と運動強度1

心拍数と運動強度2

ウォーキングアイテム1

ウォーキングアイテム2