×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



節約ウォーキングダイエット > 知っておきたいウォーキング > ウォーキングを始めよう



ウォーキングを始めよう


 



   RSS2.0

日本人の平均寿命は年々延びていて、世界の中でも長寿国となった日本ですが、それでも、近年はますます健康に対する関心が高く、老若男女を問わず幅広い方々に支持され、報道各社の番組も競って『健康の為の身体に良い事』を特集したり、幅広い層のメーカー各社からも特定保健用食品(健康増進法第26条の条項により厚生労働大臣の認可を受けた食品、略して特保[トクホ]と呼ばれている)が販売されています。

運動面では、一時期は『ジョギング』が身体に良いと、ジョギングに眼が向けられていましたが、日頃、運動不足の方にとっては、特に開始し始めは比較的きつい運動であり、足の筋肉や膝への負担による故障や、ジョギング中の心筋梗塞等による突然死等もあり、広く一般の方々はジョギングからウォーキングへと移行して行く方が増えました。

これは、ジョギングが決して身体に良くないという事ではなく、ジョギングに比べてウォーキングの方が、心臓や足腰への負担やリスクも少なく、安全性が高い為だと思います。
それにジョギングと一緒で、ウォーキングを始める為の道具も簡単に揃える事が出来、手軽に始められ長続きがしやすいのも、いろんな方々から受け入れられている一因でもあるのでしょう。

わたしは、ダイエットという取り組みからこのウォーキングを始めましたが、それまでわたしが取り組んだ運動は、結構きついものが多く長続きがせず、途中からは諦めてどうしても運動不足になりがちでした。

しかし、わたしにとってウォーキングは取り組みやすく、継続する事が出来て、嬉しい事にダイエットの効果もそれなりに表われて来ているので、自分自身に無理をしなくても自然と出来るスポーツになりつつあります。
それに汗をかいた後は、スッキリとした爽快感を味わう事が出来て、心身共にリフレッシュ出来ている事を実感出来るようになりました。

健康管理の為、健康増進の為、又、わたしのようにダイエットの為、その動機は何でもいいと思います。
是非、ウォーキングを始めてみませんか?




[ 節約ウォーキングダイエット | ページTOP ]




節約ウォーキングダイエットTOP

知っておきたいウォーキング

ウォーキングを始めよう

ウォーキングの注意点1

ウォーキングの注意点2

ウォーキングは有酸素運動

ウォーミングアップ・クーリングダウン

ウォーキングの基本姿勢

直したい歩行の癖

心拍数と運動強度1

心拍数と運動強度2

ウォーキングアイテム1

ウォーキングアイテム2