×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



節約ウォーキングダイエット > ウォーキングの効果 > ウォーキングの効果[糖尿病2]



ウォーキングの効果[糖尿病2]


 



   RSS2.0

糖尿病の治療方法としては、食生活を改善する食事療法と運動不足を改善し適度な運動を行なう運動療法、それに加えて症状に応じて医師により処方される投薬による方法が主としてあげられます。
その中でも、自分で意識的に取り入れる事の出来る食事療法と運動療法は、積極的に行動に移す事が出来るかどうかで糖尿病の状態を左右させます。

糖尿病には、当然、食べる量を減らしたり飲酒を控える、食事内容を見直すという食生活の改善は必要ですが、それだけでは不十分です。
治療という事になると、食事療法と運動療法を同時進行で併せて行なう事でより一層の効果が期待出来ます。

特に糖尿病の為の運動療法は、一過性のものではなく毎日継続して行くという事が重要であって、続ける事が出来なければその効果は期待出来ません。
その意味でも、道具も簡単に揃える事が出来て、手軽に始められ長続きがしやすいウォーキングが糖尿病対策には一番適した運動と言えるかも知れません。

毎日続けて、適度な運動療法であるウォーキングを行なう事によって、糖代謝や脂質代謝を改善、促進し、有酸素運動により糖質や脂肪を酸素とともにエネルギーに換える事で燃焼し、カロリーの消費や血糖値の低下へとつながり安定させます。

ただし、糖尿病の方がウォーキングを行なう場合、投与されている薬との関係やすい臓からのインシュリン分泌の状態によっては、運動が過剰となり低血糖症状を起こす可能性がありますので、必ず
かかりつけ医や主治医によく相談してから行なうように注意してください。

糖尿病は生活習慣病の代表的な疾病のひとつで、その名の通り日頃からの生活習慣が非常に大事です。
有酸素運動であるウォーキングを日常生活に取り入れ、生活習慣を見直し、改善された食習慣、改善された運動習慣によって糖尿病対策を万全にして予防、効果をあげましょう。




[ 節約ウォーキングダイエット | ページTOP ]




節約ウォーキングダイエットTOP

ウォーキングの効果

ウォーキングの効果[脳活性化・認知症防止]

ウォーキングの効果[ストレス解消]

ウォーキングの効果[糖尿病1]

ウォーキングの効果[糖尿病2]

ウォーキングの効果[高血圧症]