節約ウォーキングダイエット > ウォーキングの効果 > ウォーキングの効果[ストレス解消]



ウォーキングの効果[ストレス解消]


 



   RSS2.0

ストレス社会の現代、その中を生き抜いているわたし達は、誰でもその差はあっても多かれ少なかれストレスを抱えて日々を過ごしている事と思います。
その内容は、仕事や会社、学校等での人間関係やトラブル、家庭内やご近所での問題や環境、騒音等さまざまなところにストレスの原因があり、わたし達を取り巻いています。

わたし達は何らかの方法で、このストレスを溜め込まないように努力していますが、うまく発散させる事が出来ずに過剰に蓄積させてしまうと、心身症や神経症、うつ病を始めとした精神疾患や身体のリズム、あるいは自律神経を狂わせ、不眠症や高血圧症といった疾病にかかってしまったりします。

ストレス解消の方法には、人によっていろんな方法があります。
音楽を聴いたり、映画や演劇を観賞したり、旅行に行き温泉にゆっくりつかったりとさまざまでしょう。

ウォーキングもストレス解消には効果があって、身体全体の血流量を増加させ、脳や神経に酸素を与えて動きを活発にさせてくれます。
ウォーキングによる有酸素運動を適度に行なう事で、アルファ波という脳波が発生し、血管の緊張を和らげたり血圧を降下させて身体全体をリラックスさせます。

ストレスからよく起こる不眠症の中でも、特に多いのが自律神経失調症による不眠です。
人間には24時間を1サイクルとする身体のリズムがあって、自分で意識しても変える事の出来ない身体の機能、交互に表われる覚醒と睡眠のリズム等を自律神経がコントロールしています。
これは交感神経、副交感神経のバランスによって保たれています。

交感神経は身体の動きに作用し、副交感神経は休息や休養、栄養摂取等に作用し、通常、夜になるとこの副交感神経が交感神経の優位に立ちます。
ウォーキング等の適度な有酸素運動は、この自律神経の交感神経、副交感神経を刺激してバランスを整えます。
その結果、昼間の居眠りをなくし、眠りを夜に集中させる事で安定した睡眠を得る事が出来て、不眠症に効果を与えてくれます。




[ 節約ウォーキングダイエット | ページTOP ]




節約ウォーキングダイエットTOP

ウォーキングの効果

ウォーキングの効果[脳活性化・認知症防止]

ウォーキングの効果[ストレス解消]

ウォーキングの効果[糖尿病1]

ウォーキングの効果[糖尿病2]

ウォーキングの効果[高血圧症]